新たな変異株「オミクロン株」

南アフリカでまた新たな変異株が発見されたことによって世界各国の出入国制限が再度始まりました。日本でも本日11月30日より再開が宣言されていた留学生や技能実習生を含む入国緩和措置が一時停止状態となりました。日本での感染者率は現状落ち着いている中での水際対策と言えます。G7の中では最もワクチン接種率が高く、2回目接種から日が浅い国ではありますが、3回目のワクチン接種がこれからまた始まります。当然のことながらワクチンの方が生命力が強いため人間とのいたちごっこはまだまだ続く可能性があります。ワクチンと治療薬によって2022年以降どの程度コロナウィルスを封じ込めるのかによっても海外への渡航や日本への入国の方向性が決まってくるため、注視しながら情報をおっていきたいと思います。