2021年もあと3ヶ月

本日から10月が始まりました。そして日本で発出されていた緊急事態宣言とまん延防止等重点措置がやっと全面解除されました。特に首都圏では昨年から公の場で飲酒することが中々難しかったため、外食産業やその周辺産業も少しずつ通常稼働に近づいていけるとまた人の活気なども戻ってくるのではないかと思います。そして県をまたぐ移動においても段階的緩和により観光の再開見通しが立ってきました。食に旅に、娯楽をストップしていたので、女性の場合は美容にお金をかけることも多かったのではないかと想定します。コロナ禍での東京都の休業要請においても脱毛サロン、エステサロンや医療美容である医療外科、医療皮膚科は対象外でした。さらにテレワークが加速したため人に会う機会が減少しダウンタイムも気にしにくなったことも要因かと思われます。今日からの新しい日常においては、経済活動との両立を目指しながら残り3ヶ月の2021年を過ごすことになりそうです。