新型コロナウィルスの状況

中国の旧正月「春節」

2019年大晦日に中国の保健当局からWHOへ報告が上がった「新型コロナウィルス」。肺炎症状を引き起こすということで話題になっています。中国内陸部・湖北省武漢から発症と言われています。これまでの新型ウィルスである「SARS」や「MERS」のように動物のウィルスなのかどうかもまだ分かっておらず原因不明であることで人々の不安が高まっています。そもそも動物のウィルスは人へ簡単には感染しないというのが定説ですが、遺伝子変異が起こると人への感染も起こり得るようになります。感染が明らかになっている武漢の人々の共通点は「海鮮市場」に関係しているということでした。その市場には海鮮や鶏肉のほかにもコウモリやマーモットも売られていたとのことなので、もしかすると今回もまた動物のウィルスの遺伝子変異の可能性も考えられます。中国は旧正月を迎えるため民族大移動が行われます。その際日本へ出入国する人々もかなりの人数が想定されており、日本人への感染も懸念されています。高齢者等でなければ著しく重症化する可能性は低いとは言われていますが、風邪やインフルエンザの予防同様に、「手洗い・うがい」、「マスクの着用」、「免疫力の維持」などが感染予防には有効と考えられています。