2020年は東京オリンピック

2020年夏は東京オリンピック

2020年が明けてからあっという間に1月の後半になってしまいました。今年の目玉はなんといっても2度目の東京オリンピックではないでしょうか。2018年、2019年と順調に訪日観光客が増え続けている日本では、今年がある意味でピークを迎えるかもしれません。4,000万人程の最高人数に達する可能性もあります。みずほ総研によれば東京オリンピックで見込まれる日本の経済効果は約30兆円。そのうちの2兆円がオリンピックの直接的な効果ということなので、残りのほとんどは観光等の消費で見込まれています。観光といえば、飲食店、宿泊施設、商店などが圧倒的に忙しくなりそうです。日本より移民が進んでいてオリンピック経験都市のロンドンでは市街の飲食店の約70%程度はポーランド人など東欧系の労働者ともいわれています。アジア人からすると一見イギリス人なのか東欧人なのか見分けはつかないかもしれません。日本では同様の割合になるにはまだ先のことかもしれませんが、オフィスの中に外国人が一人もいないという状況のほうが珍しいという現象がごく近い将来起きてくるように思います。