ベトナムの旧正月・テト

お正月に食べるバインチュン

日本はあと1週間で2019年、令和元年が終了します。ベトナムは旧暦によってお正月を迎えます。お正月はテト(tet)といい、民族大移動的にベトナム人が故郷に帰省するタイミングでもあります。最近ではテト中に空いているお店もちらほらありますが、基本的には商店も休業期間になります。食材などをテト前に買い込んで、家族でテトを過ごすのが一般的。日本のお節料理のようにテトで食べるものがバインチュン。中にはもち米、緑豆、豚肉などが入ったいわゆるちまきのようなもの。形が四角いのは「大地」を、もち米や緑豆は「穀物」、包んでいるゾンの葉は「植物」を表し豊かな実りを祝いそして願うおめでたい伝統的な料理です。2020年は1月23日から29日までの7連休ということで決定しました。