ミャンマー式日焼け止め

タナカを塗ったミャンマーの女の子

ミャンマーの女子たちに出会うと白いお粉を塗った人たちを見かけます。これは「タナカ」という植物の木の樹皮を粉状にしたものだそうです。目的としては日焼け止め。塗った後も白い色が少し残るようでデコレーションを施している人もいてみているのが楽しいです。そして付けていると少し涼しくなるという効果もあるそうです。万能なミャンマーの美容商材です。